FC2ブログ

コーボーホールディングスの社長 古城剛のブログです。 インターネットに関すること、仕事、経営、営業に関することについて思うところを情報発信していきたいと考えています。

社長ブログ コーボーホールディングス社長 古城剛 

スポンサーサイト

このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをdel.icio.usに追加   
社長ブログ
ランキング
ご協力お願いします
→ ◆click◆ ←
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ネットは特別じゃない

このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをdel.icio.usに追加   
社長ブログ
ランキング
ご協力お願いします
→ ◆click◆ ←
私は、製造業に5年いました。

なので生粋のネット業界の人間というわけではありません。

ネットの良さも色々ありますが、

製造業出身の私としては品質管理に対しての意識、

商品に対する考えに違和感を感じることがあります。

以前あった、不正商品に対する扱いの話し。


あるとき、成果(商品)に不正の疑いが掛けられました。

メディア(媒体社)に問いただしたところ、

不正如何の確認できないので、

”成果があがった分は、請求対象になる”

言い方の問題だが、間違っている。

まずは、不正に対して真摯な対応(調査)が必要であること、

明らかに不正であると見られるものに関しては

協議の上、不正かどうかを判断すべきであること。

例えば、?と?。

?電卓を買ったが、まったく計算できない電卓だった。

?広告を買ってそこから購買(入会、登録)したユーザーは
実際存在しないユーザーだった。

?と?にどんな違いがあるんでしょう???

?だったら激怒でしょう。?も激怒でしょう。


あるとき、不正クリックに対する疑いがでました。

広告主の意見としては、

「不正だからお金を払わない」

これも違う。

1)不正如何の徹底調査が行なわれるべき
2)不正如何が突き止めれない場合は、
 売買が成立した際の契約条件に沿うべき
 ※メーカーで言うところの売買前における
  仕様範囲内での納品にあたる。
  上記の?でいうと「ユーザーは実在するレベル」。



製造業出身の私としては、稀に違和感を感じる瞬間です。

形がないから起こりうる違和感。

「ネットだから」ということは稀であり、

根本はどんなビジネスにおいても一緒のはず。

本質がどこにあるのか、惑わされないようにビジネスを進めるべきだと思います。
スポンサーサイト

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

  1. 2007/10/02(火) 22:03:21|
  2. インターネット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<楽しく仕事をする方法 ?楽しさを紐解く? | ホーム | 親孝行 手当>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://joshacho.blog120.fc2.com/tb.php/8-180aecf8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。